> 岡崎市立図書館の取り組み> 指名型プロポーザル方式の結果について 

岡崎市立中央図書館等貸出返却業務指名型プロポーザル方式の結果について

 

業務名

岡崎市立中央図書館等貸出返却業務

業務概要

本業務は岡崎市立中央図書館、額田図書館及び南部市民センター図書室のカウンターにおける資料貸出返却業務及び児童読書活動支援業務等を行うものです。

履行期間

平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

発注部門

社会文化部中央図書館

プロポーザル方式

指名型

プロポーザルの実施理由

本業務は、高い水準の図書館サービスに加え、平成28年度の障がい者差別解消法の施行を受け、特に窓口における障がい者サービスの向上を目的としています。図書館業務に関する専門的な知識及び障がい者サービスに関する理解とノウハウについて総合的に評価する必要があるため、指名型プロポーザル方式によって業者を選定しました。

選定結果

平成29年11月24日(金曜日)に業務提案書に関するヒアリング及び業務提案書の審査・評価を実施し、以下のとおり決定しました。
  • 第一優先交渉権者
    株式会社図書館流通センター(東京都文京区大塚3丁目1番1号)
  • 提案金額
    187,855,200円
  • 契約金額
    187,855,200円