> 利用案内> 図書館の利用方法> 貸出・返却・貸出期間の延長について 

貸出・返却・貸出期間の延長について

 

借りるときは

借りたい資料と貸出証を一緒に貸出カウンターにお持ちください。自動貸出機
※中央図書館では、自動貸出機でも貸し出しできます。

貸出冊数と貸出期間

貸出冊数は一人につき、図書資料10冊まで、視聴覚資料(CD・DVD)5点までです。
貸出期間は2週間以内です。
 

返すときは

中央図書館、額田図書館、各市民センター図書室、岡崎げんき館情報ライブラリーにある返却カウンターにお返しください。

返却ポストについて

返却ポスト返却ポスト図書館が閉まっているときは中央図書館、額田図書館、南部市民センター図書室にある返却ポストに返すことができます。

※返却処理は休館明けになりますので、 同日中に他の図書室をご利用になる場合は、その図書室にご返却ください。
※視聴覚資料(CD・DVD)、付録つきの資料およびその付録、相互貸借資料(市外の図書館からの借用資料)は破損防止のため、図書館が開いている時間に直接カウンターへお返しください。
 

貸出期間の延長

返却期限内の資料は、その資料に次の予約が入っていない場合に限り、一度だけ貸出期間の延長ができます。

延長期間

申し出の日から14日間です。
※返却する前にカウンターにお申し出ください。インターネットや館内の検索機(OPAC)、電話でも受け付けます。
※一度返却した資料は、延長することはできません。
 

利用制限について

返却期限から60日を過ぎた貸出資料がある場合は、利用の停止をします。延滞資料が返却され次第、利用の停止を解除します。

利用制限の対象

貸出、貸出期間の延長、予約、リクエスト、相互貸借、貸出証の再発行、マイページの閲覧などです。